2011年07月

2011年07月12日

毎年恒例、「東京国際フォーラムで夏休み」
丸の内キッズフェスタの、プログラム詳細内容が発表になりました。


海、山、丸の内。
みんなの元気な好奇心に、
今年も東京国際フォーラムを大解放!
自由に楽しめる「KIDS広場」、「KIDSステージ」や、
事前申込・当日整理券で参加する「KIDSアカデミー」など、
笑顔が輝くあれこれが大集合します。
夏休みの宿題にも役立つよ!

事前申し込みプログラムの受付は7月15日(金)より開始します。

丸の内キッズフェスタ2011 公式ページはコチラ↓から
    http://www.t-i-forum.co.jp/kids/index.html

kidsdoor at 16:12コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月04日

夏休みが近づいてきましたね。
今年もまた夏休み期間中の小学生(3〜6年生)を対象に、大手町・丸の内・有楽町(大丸有)の各エリアにおいて、環境教育セミナー『大手町・丸の内・有楽町エコキッズ探検隊 2011』が開催されます。
本年で通算6回目となるこちらのイベント、
プログラムが発表されましたのでお知らせいたします。

環境教育セミナー『大手町・丸の内・有楽町エコキッズ探検隊 2011』

工作ができるワークショップ
実際に手を動かして環境のことを体験できるプログラム。粘土を使って街のかたちを学ぶものなどを予定しています。

食がテーマのワークショップ
「食育丸の内」の一環である「丸の内シェフズクラブ」およびエリア内の飲食店舗と連携したコンテンツを展開。

エコキッズ探検隊ツアー
大丸有エリア内の環境先進企業を訪問し、普段は見ることのできない企業の最新の環境への取り組みにふれます。

いきものがテーマのワークショップ
都市部のこどもたちには失われがちな、生物についての知識欲を刺激するワークショップを開催します。

音楽がテーマのワークショップ
探検隊長の中西圭三氏のコンテンツを中心に展開します。

朝大学がテーマのワークショップ
ビジネスパーソンに人気の市民講座「丸の内朝大学」の受講生と講師が考えた、屋外で遊びながら学べるワークショップを行います。

以上、「工作」「食」「探検」「生き物」「音楽」「朝大学」の6つのテーマでワークショップが予定されています。
詳細は7月中旬までにこちら↓のページでご紹介予定です。
http://ecozzeria.jp/action/eco-kids/

◆期間 : 2011年8月(小学校の夏休み期間内に開催、期日は調整中)

◆実施場所 : エコッツェリア(新丸ビル10F)および大手町・丸の内・有楽町エリアの周辺施設

◆主催 : 大手町・丸の内・有楽町 エコキッズ探検隊実行委員会
(構成団体)大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会、一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会

◆後援 : 気象庁(予定)、千代田区


連携イベントとして、東京国際フォーラムで開催される「丸の内キッズフェスタ」「大丸有打ち水プロジェクト」」「子供デザイン」があり、より広く楽しんでいただくことができます。
こどもだけ、または親子で楽しみながら「環境にやさしい」ことを実際に体験しながら学ぶことができる、夏休みの自由研究にもぴったりの内容となっています。



kidsdoor at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月01日

小学生エコ絵画コンクール

「きれいな地球のために」

小学生のみなさんから、「きれいな地球に残しておきたい自然や生き物」の絵を募集します。

美しい景色、可愛い動物、きれいな植物など、みなさんが未来にいつまでも残ってほしいと思う自然や生き物を絵に描いて送ってください。

また、東日本大震災で被災された方を支援するため、応募いただいた絵一枚に付き100円をNGPから日本赤十字社に寄付します。

   みんなの絵で被災地を支援しよう

◆応募期間 : 2011年6月20日〜9月9日
◆応募資格 : 小学校1年生〜6年生

◆主催 : NGP日本自動車リサイクル事業協同組合

◆応募先 : NGP法人キッズドア内「きれいな地球に残しておきたい自然や生き物」
小学生エコ絵画コンクール事務局
〒103-0027 東京都中央区3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL:03-5201-3899 

◆公式HPはこちら↓
http://www.ngp.gr.jp/kidsdoor/

kidsdoor at 20:41コメント(0)トラックバック(0) 
なかま
バナー3



キープラネットバナー


株式会社ビサイド

STUDIO ASIA

有限会社WAFFLE

Angel's Link Group


Special Thanks for
TOMOKO MAEDA
MINAKO KON
EMI ISHIDA
TAMIKO NAKAMURA















プロフィール
QRコード
QRコード